「グローバル化」って??

いろんな書籍やレポートを見ることが多いのですが、最近都合の悪いことの原因に「グローバル化」という言葉を使われることをよく目にします。
そんな文書を読むと「グローバル化」の定義がどこにも書いてない・・・
グローバル化を悪として考えるのなら何が善とするのか、、、、

ところでグローバル化について考えてみます。
インターネットさえあれば、世界中で情報が簡単に手に入る時代となってきました。
近畿大学卒業式で堀江貴文さんのスピーチ
(https://www.youtube.com/watch?v=2DTyHAHaNMw)
で話されているように、教育や情報が十分でなかったため芽が出てこなかった優秀な人材がインターネットを使うことにより出てきます。
またそんな優秀な人材は、英語だけでなく第2言語の習得も早かったりします。私たちが生まれてからのことを考えると、観光でしか会わなかった外国人が普通に生活圏に一緒に仲良く生活をし、日本語で話をしています。
いまソフトウェア会社のサポートへ電話をすると、ほぼ日本語をしゃべる外国人がでます。
以前は意思疎通が難しかったりしたのですが、現在何の問題もなく問題を解決してくれます。
そんな優秀な人材と一緒に仕事をすることとなるのです。
そして優秀ではない日本人はどうなるのか、どうすべきか、どこに行くのかを考える必要があります。

グローバル化って恐ろしいですよね。

ただし私たちには今は絶対のアドバンテージがあると思います。
普通の教育を受けるとパソコンやスマートフォンなどの情報機器が使えるようになり、外国語をおおよそ理解ができそうなくらいまで翻訳をしてくれます。
Skype 翻訳(https://www.skype.com/ja/features/skype-translator/)で、テレビ電話の通話を翻訳しそれを無償で提供していたりします。
ただ翻訳機能に甘えることなく、日々外国語が理解、話せるように鍛える必要があります。

外国語だけでなく、人材を含めたいろんなものが世界中で自由に行きかうそれが「グローバル化」ではないでしょうか。
世界中で自由に行きかうのに壁となってたことが、インターネットを筆頭としたIT技術により取り除かれようとしている、取り除かれた社会になるのが近い未来に起こること。
けして、不幸でもなんでもなく世界中の人たちが幸せになるものです。

会社で使うネットワークの速さ・スピードについて

私たちは得意先に出向いて調子の悪いところを直すことが多いのですが、最近ネットワークの遅さが気になることがあります。
気が付かれていても業務に支障がないので口にされないというのが多いようですが、おおよそインターネット回線に問題があると認識されているようです。

おおよそはネットワークケーブルが古かったり、ネットワークケーブルが集まるところであるネットワークハブが古かったりします。
「動いてるから一緒でしょ」って言われることがあるのですが部品交換で10倍以上速くなることもよくあります。
10倍って聞くと必要ないって思われる方も多いと思いますが、10秒で動いていたのが1秒,1分の待ち時間が10秒で、場合によっては効果は大変大きなものです。
他のことはよくわかりませんが、IT機器の場合壊れてから交換ではなく問題がありそうな点を常に改善していきます。
よって壊れたから交換ではなく、《今回のようにネットワークが遅くなるという》問題が発生したから交換をすることが多いです。
またIT機器の修理ができる期間は約5年、壊れたころには修理ができません。

IT機器の進化は思いのほか早いです。
10Mといわれたスピードが100Mとなり、今や1000Mや10000Mの速さとなっています。
それに合わせて見た目は同じでも、部品の中身はガラッと変わっています。
ITの基本的な流れだけでも感じて業務を改善する必要があるのではないでしょうか。

 

 

IT導入補助金 コンソーシアム登録行いました

IT関連で今にぎわせている「IT導入補助金」です。
導入にまつわる費用(ハードウェアを除く)の50%上限50万円を補助するという、国が行う補助金事業です。
50%上限50万円なので、100万円のIT導入費用で50万円あとから帰ってきます。(民間でいうキャッシュバック)
それだけの補助をしてもらえるので、提出書類もそれなりにあります。
その書類を導入する業者と導入支援業者でお互いに記入提出するものなので、従来よくある士業の先生に申請書を記入提出するのではありません。
それなりなボリュームで負担になるので町の事務機屋さんはどうするか悩まれているところも多そうです。
会社の経営方針を文書化し、IT導入による改善した数値を5年間毎年報告します。
導入支援業者が報告のお手伝いをするので、5年間お取引が続くメリットがあるのですが、IT機器やソフトウェア中心に営業されていた場合準備が大変です。
また導入支援業者は「法人」に限定されています。ホームページを作成されている業者の場合、個人事業主の方も多いかと思います。個人事業主の方は原則対象外となっています。
ただし、「法人」が幹事会社として個人事業者と一緒に導入を行う「コンソーシアム」体制で導入を行うことができます。

今年度はコンソーシアム体制でIT導入補助金導入支援事業者登録をアイシーエルシステムズ有限会社は行いました。
より多くの地域の事業者様にIT導入補助金を活用していただきたく思っています。

IT導入補助金は今後9月まで継続的に募集されるようです。
昨年伝わっていなく気が付いた時には終わっていたとのことがないように是非ご活用ください。

「コンソーシアム登録説明会」を5月25日アイシーエルシステムズ有限会社セミナールームにて行います。
ホームページ作成など個人でIT導入を支援されている事業者のかた、ぜひご参加ください。

申し込みはhttps://peatix.com/event/385076/ (Peatixイベント管理サービスを利用しています)

Windows10の使い方

Windows10が出荷されてしばらくたちますが、皆さんどのように活用されていますか?
従来のパソコンから買い替えという方が大多数だと思うのですが、新しいWindowsが発表されるたびに新しい使い方があり、活用スタイルが変わってきています。
その使い方に対応することによって、業務効率が大幅に改善したということも多くあります。
また、新しい使い方をすればより効率的にお仕事ができるのにと思うこともあります。

今回のWindows10については使い方がかなり変わっています。もちろん従来通り使うことも可能なのですが、新しい使い方にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。
その新しい使い方はマイクロソフトアカウントを使用した使い方です。
NECがマイクロソフトアカウントを使用したセットアップの仕方を紹介してます。
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/qadoc?QID=020450
電源を入れた後、マイクロソフトアカウントとパスワードを設定することで起動ができます。
ただそれだけなのですが、Windows10の機能であるビデオ会議システムSkypeやインターネットへデータを保存・共有できるONEDRIVEなど数々の便利な使い方が少ない作業で使用することができるのです。
もちろん最初についている機能は無料で、より高度に使いたいのなら月額請求の支払いをすれば使用できます。
無料の機能でもおおよそ必要そうな機能が入っています。
別々で提供しているメーカーもありますが、ばらばらにセットアップするよりはるかに便利です。

SkypeやONEDRIVEがセットアップが面倒といわれる方でマイクロソフトアカウントを使用されていない方をよく見受けます
一度、マイクロソフトアカウントでWindows10パソコンを使って見られたらいかがでしょうか。
結構便利になりますよ。

IT導入補助金説明会 参加しました


IT導入補助金説明会(3月27日大阪開催分)に参加してきました。
570名入れるホールに満席で2階行われました。IT導入補助金への期待の高さがうかがえます。

500億円予算で補助金額上限50万円(補助率50%以内)となるお話でした。
全部50万円の申請だとしても10万件なので、10万件以上の中小・小規模事業者へ補助されることとなります。
昨年度の1次説明会と比べるとホームページ屋さんが大変多い印象で、
「IT導入補助金でホームページ作りませんか」
という電話が4月以降たくさんかかってくることが予想されます。
ホームページのない会社は慎重に検討して下さい。
よく似た電話がこちらにもかかってくるのですが、
「インターネット関係のセールスで電話は申し訳ない。メールアドレスを教えるのでそちらで要件、資料をお送りください。」
とお願いをしています。
ほとんどは、メールをいただけないのですが、たぶん素晴らしいご提案だったのだといつも残念に思っています。

前回と同様、中小企業・小規模事業者における生産性向上を目的としたITアプリとそれの使い方・メンテナンスなどマルっと1パッケージにした補助金です。
こう書くと、パソコンソフトとその使い方のように見えるのですが、実際にはソフトウェア・クラウド利用料・導入関連費用等と案内されているので、ホームページを作ることで生産性向上するとすればいいのかもしれません。
本当のところ、「生産性向上するために、作業の一部IT化することで省力化・効率化する」という話がターゲットだと思われます。
なのでITサービスありきではなく、生産性向上ありきであるべきではないでしょうか。

まだ説明会だけなので実態は追ってご案内するとして、当社では昨年同様早々の登録を目指し、今回はより広く使っていただけるような準備を行っています。

 

https://www.it-hojo.jp/eventinformation/briefing-osaka.html

日帰り出張

京都の隅っこでお仕事しているのですが、関東へ情報収集のために出張があります。
「情報って今どきインターネット!!インターネットに載ってない情報はない」えらい人に言われたことがあるのですが、私はインターネットに情報が載った瞬間その情報に価値がないと思っています。
ただ、価値のない情報を合わせて違う情報をつくり発信することは高価値なことだと思います。
この辺の考え方は人それぞれなので、気にしないでください。

ところで本題です、私どもの会社では会社の用事が終わったらすぐ帰社。原則日帰りとなっています。(当たり前といえば当たり前ですが)
遠方にたくさんの顧客があるわけではなく、ほとんどの得意先が近畿内にあるため、帰って次の顧客対応となります。
そうなると日帰り出張がほとんどになるのですよね。
遠方出張の場合、関東へJRでの移動となります。
新幹線のぞみ 京都~東京 片道約14000円往復28000円
むむむ、「これはいい値段するぞ」となるわけです。
そうするとチケットの手配でいかに安くするのかを会社は考えます。
仕事で行く場合は、スケジュールがほとんど決まった状態で行くので、乗車する時間も全く決めて問題ないのなら・・・ということで旅行会社の日帰りツアーで
往復19800円の新幹線のぞみ座席指定があったりします。
「ををを、これはお安い」おおよそ10000円お安く出張ができるとは、ということでうちの会社は出張で日帰りツアーを使っています。

というお話でした。

壁につけたディスプレイ

ディスプレイ後ろってあまり見ないことありませんか?
ディスプレイの後ろには壁に引っ掛けるためのねじ穴がほとんどのディスプレイにあります

真ん中あたりに10センチ程度の幅で四角くで4か所です。
その穴はディスプレイを壁に釣ったり、ディスプレイアームに引っ付けたりするためについています。
もちろん4つを使ってねじ止めをする必要があるのですが、当社エントランスに釣っているディスプレイの場合、上側のねじ穴2つを使って鉄板を横渡しそこを使ってフックに引っ掛けるようにしています。
簡単に取り外しができるので大変便利、使用した部品もホームセンターで1000円もしないコスト感で壁掛けできました。
落下や強度の点を考えるとこんな取り付けは正しくなく設置者の責任でおこなうべきで、正しく4か所の穴にねじを使って壁にも十分な強度を与えるべきです。

壁掛けディスプレイにこんな取り付け方法があるということを知っておくと便利なシーンがあるのではないかの程度で聞いておいてください。
工事はかならず責任をもってしてくださいね。

2018年3月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : WEB管理者

LINE@はじめました

ビジネス向けLINE、「LINE@」を始めました。
といっても去年の11月から契約をしていたのですが、いったいどんな使い方がよいのかわからないことも多いので少しずつ使ってみました。
LINEをお使いなら、
「アイシーエルシステムズ」
で検索してください。認証アカウントが表示されるはずです。
ぜひ友達申請してくださいね。

11月に使い始めて、12月に認証アカウントを発行していただきました。
11月から3月までのおおよそ5カ月使ってみて感じたこと。
まず使い方より、「何を誰宛てに情報発信するか」が大事であることを一番に感じています。
最近のインターネットを活用したクラウドシステムは、変化が大変早くメニューが短期間にころころ変わります。だから使い方を完璧にマスターすることは大変です。そんな中でもものすごく活用する方はたくさんおられますし、その人たちとの差は「何を誰宛てに情報発信するか」が明確かどうか。
「あっちの人はこう言っている」、「こっちのインターネット記事はどういってる」とかではなく、「友達申請していただいた方にどんな内容を伝えたいのか」、「そしてその情報を受け取ったことでどのようになってほしいか」が明確にすべきと感じました。
Facebookでもそうなのですが、会社アカウントや社長アカウントは「友達申請していただいた方にどんな内容を伝えたいのか」、「そしてその情報を受け取ったことでどのようになってほしいか」がないと閲覧者のどんどん興味がなくなっていきます。
少なくとも友達申請していただいた方はその会社に興味を持って、新しい情報を提供されたときに、自社へ自身へ吸収させたいと思われています。
そんななか、いつも通りの内容を掲載し続ければ、「いつも通りだね」となって、しまいには新しい情報を発信しても興味を持たれなくなってしまいます。
興味を持たれなくなってしまう=「集客できない」
の式が成り立つのではないでしょうか。
LINEやFacebookなどを会社で使用する動機は「集客ができる」とどこかで聞いたから始めたと聞くことがよくあります。
にもかかわらず、「集客できない」となってしまうのは本意ではないと思います。
ならどうすればよいか。。。
そう、「何を誰宛てに情報発信するか」をよく考えて、計画を立てて使うことです。
そしてできるのならPDCAの流れを守ること、結局これにつきるのです。
会社運営から派生するものはなんだか、PDCAが多いですよね。
とても大変ですが、目標達成には必要なことです。
今回は、企業向けLINE@を使っての感想を書いてみました。

 

ビジネスメール詐欺と「うちの会社は大丈夫」

セキュリティのお話をするとすぐ出てくる言葉
 「うちのように小さい会社は狙われない」
 「取られて困るデータはない」
だから「うちの会社は大丈夫」

などよく言われます。
それは本当でしょうか。

パソコンの置かれている状況を理解すると結構話が変わってきます。
インターネットで世界中の情報が手に入るようになりました。
視点を変えると、情報を提供している世界中人たちは、あなたのパソコンに情報を流し込んでいるとも考えることができます。
流し込んでいる人たちは、どこの誰に情報を提供しているかなんて知りません。
そんな状況なら、「誰でもいいから、ひっかかれ」と思いウィルスをばらまくのが当たり前です。
そんなばらまかれたウィルスに引っ掛かりやすいのはどんな状態のパソコンかということです。
「うちの会社は大丈夫」
セキュリティの管理を怠っているパソコン格好の標的になっていないでしょうか。
「うちのように小さい会社は狙われない」
認識されるほど重要なデータを管理しているのでしょうか。
「取られて困るデータはない」
そんなデータがないのなら、不特定多数にばらまかれたウィルスが入り込まれるのではないでしょうか。

ビジネスメール詐欺については警察庁などに詳しく説明しているホームページがあるのでそちらを見ていただければと思うのですが、簡単に説明をすると、
・通常のメールのやり取りを静観している第三者がいる。
・送金の話になったときやその前後に、静観していた言葉口調で違和感なく振込先口座の変更をお願いする。
・静観しているときに関係性を理解し、違和感ない話流れを作る。
・振り込みをさせる。
といった流れになります。
この静観するという方法について問題があります。
静観するには、どこかにウィルスを組み込む必要があるのですが、いきなり詐欺をする場所・ターゲットにウィルスを組み込むには手間がかかり、失敗する可能性が高いのでまず組み込みやすいところにまず組み込みます。
「うちの会社は大丈夫」と言っている取引先の取引先の・・・・何件か無効のセキュリティが甘いところにウィルスを組み込み、すきを狙ってターゲットに近づいていきます。
そして、ことを起こす、ビジネスメール詐欺を行う。
こんな流れが多いように伺っています。

「うちの会社は大丈夫」
という会社もかかわった話であることを考えると、少し心配してもいいのではないでしょうか。

「SNS」と「みんな」

「SNS」ってFacebookとか、Twitterとか・・・
難しく言うつもりがないのでそんな感じです。
SNSで友達やフォローしている人たちってたくさんいますよね。
Facebookなら確か・・・5000人の友達が作れたと思います。
しかも、友達になるのは自分の好みの人だけ、好きな人に友達申請をしているのではないでしょうか。
もし仮に5000人友達になってその人たちが同じ考え方で書き込まれたら、もうそれは「常識」、世の中の人「みんな」そう思っていると。
そう思って当然だと思います。
ただ・・・
日本の人口は127,094,745人(2015(平成27)年10月1日現在 https://ja.wikipedia.org/wiki/日本の人口統計)らしいです。
おおよそ1億2千7百万人中の5千人の意見でしかないのです。
5000人の意見は日本の中で0.004%の意見でしかないのです。
そう自分の思っている「常識」は絶対多数派ではない、少数派の意見かもしれません。

そう考えて、「SNS」と付き合う、自分の持っている「常識」は「非常識」である可能性を知っていることがこれからの情報リテラシーとなるのかもしれません。